KESTESの沿革

KESTESは、これまで35年以上に渡り、350名を超える奨学生を支援してきました。

≪創成期≫
1974理数科教師隊員ケニアに派遣開始
19838月:理数科教師隊員会議にて提案され、有志によりKenya Science Teacher’s Scholarship(KESTES:青年海外協力隊在ケニア理数科教師有志による奨学金制度)の活動を開始。
10月:第1回目奨学生3名が選出される。
1984選出された奨学生3名に対し、奨学金支給を開始。
19857月:はらんべぇ・れお創刊。奨学生選考試験開始。団体名をKenya Students’ Educational Scholarship(KESTES)に命名。
日本人会バザー初参加。
1994選考試験を書類選考に変更。
1998理数科教師隊員のキシイ・マクエニ地区派遣開始
1999ケニア在住OB・OG会発足
≪治安悪化による活動の危機≫
2002大統領選挙に備え隊員派遣人数減、KESTESの活動凍結または解散を検討 。
2003理数科教師隊員が2名にまで減少し、KESTESの活動停滞。
2004隊員派遣人数回復
2008大統領選挙後の騒乱により隊員のケニア国内が活動停止。KESTES解散が決定。
2009寄付金を日本窓口へ預け活動を停止。
≪活動再開≫
9月: ふれあい祭りの際に募金を募り活動を再開。
11月: 新生KESTESとして活動を開始。
2011KESTES(ケニア)のホームページ開設。日本窓口をJICA地球ひろばに団体登録。
2012オリジナルTシャツ、ポロシャツを製作。facebookページ開設。
2013KESTES 結成 30 周年
現在に至る